IPO初値予想「ティーケーピー」貸会議室業界No.1!

スポンサーリンク

IPO初値予想「ティーケーピー

上場日:2017/3/27

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:585,500

公開価格:6,060円

主幹事:野村

事業内容:貸し会議室の運営を中心として、付随する料飲・オプション・宿泊サービスなどを展開

ティーケーピーの考察①

ティーケーピーについては「不動産業」ということで、業種の人気としては「弱い」と思います。また、当選株数は普通ですが、値がさ株で吸収金額がそこそこありますので、多少需要面で不安が残ると思います。

主要大株主には、1.5倍のロックアップ、VCがいますが多くはないので気にならないレベルだと思いますので、その点での需要面は悪くないと思います。

また、会社の売上については年々伸びていますので、特に問題ないレベルだと思います。

ティーケーピーの考察②

ティーケーピーの考察としては、野村主幹事、売上が順調に伸びている点などは、メリットになると思います。

そして、デメリットとしては、IPOではもたれ感満載の不動産業ということで、業種の人気としては、かなり落ちると思います。

ただし、IPOは現在好調な状況ですので、その流れに乗りある程度の高い初値を付けるのではと予想しています。

初値予想

評価:C(4)
初値値予想:8,000円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク