IPO初値予想「旅工房」北朝鮮問題で初値はどうなの!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「旅工房

上場日:2017/4/18

市場:マザーズ

業種:サービス業

公開株数:644,000

公開価格:1,370円

主幹事:大和

事業内容:オンラインでの国内および海外向けのパッケージ旅行の企画・販売や、航空券の販売、宿泊手配、オプショナルツアーの手配など

旅工房の考察①

旅工房については「サービス業」ということで、業種の人気としては「弱い」と思います。

ただし、オンラインでの旅行販売がメインでIT絡みだということで、総合した業種の人気については「普通」程度になると思います。

当選枚数は、どちらかといえば少な目ですので、需要面は良いと思います。また、主要大株主には、180日のロックアップが掛かっていますので、この点での需要面も良く、総合的な需要面は良いと思います。

また、会社の売上についは、頭打ち感がありますが年々伸びていますので、特に問題ないと思います。

旅工房の考察②

旅工房の考察としては、特に大きな問題はないIPOだと思いますので、初値爆上げ間違いなし!といいたいところなのですが・・・

しかし、最近起きた「北朝鮮問題」が相場に与えている影響は大きく、4/15のXデーは回避したものの、まだまだ情勢的に不安が残っていると思います。

そこで初値については、情勢的なことを考慮した上で、一段下げた初値予想としました。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:3,500円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク