IPO新規承認「シンクロ・フード」野村主幹事で当選は無理!?

スポンサーリンク

IPO新規承認「シンクロ・フード」

このほど「シンクロ・フード」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「主力サイトである「飲食店.DOM」を中心とした飲食店出店・開業者及び飲食店運営者と、飲食店に関わる各事業者とを繋ぐメディアプラットフォームの運営」となっています。

事業内容が「プラットフォームの運営」ということで、IPOではIT系の企業になると思います。

シンクロ・フードの上場スケジュールなど

主幹事  野村
市場   東証マザーズ
想定価格 1,960円
当選枚数 8,050枚
BB期間 9/9~9/15
当選発表 9/16
申込期間 9/20~9/26
上場日  9/29

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

シンクロ・フードの総評

シンクロ・フードについては、IPOでは人気の「IT系」になると思います。

ただし、最近は、IPOでIT系企業が乱立していますので、IT系が人気があるといっても単なるIT系というだけでは、少し弱いのかなと感じています。

当選枚数は普通か若干多目ですが、野村が主幹事ですので、当選は厳しいと思います。また、主要株主には、掛かりが甘いもののロックアップがほぼ90日掛かっています。また、売上に関しても年々伸びています。

そこで、シンクロ・フードの総評としては、総じて良いIPOだと思いますので、BBに参加しても特に問題ないと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク