エディアのBBと被るスターアジア不動産投資法人はどうしようかね?

スポンサーリンク

スターアジア不動産投資法人

スターアジア不動産投資法人のBBは「4月4日」からですので、まだ少し先の話しなのですが、今からどうすべきかで悩んでいます。

そのスターアジア不動産投資法人は、複数枚当選するならそれなりに利益も取れそうな気もしますが、主幹事は「野村」

私は、野村とは相性が超悪く、過去に1度も当選したことがありません。

そこで、今回も野村に電話してBBに申し込んでも落選するのはほぼ確実だと思います。(今回、野村はネット申し込み不可)

資金拘束

また、副幹事の「みずほ」も、野村と同様に当選をくれない証券会社となってしまいましたので、申し込んだとしてもほぼ落選すると思います。

となると、当選するチャンスは「日興」か「大和」のみで、当選するにしても1枚当選するかどうかで、1枚も当選しない公算が大きいと思っています。

そこで、無駄に資金拘束されるなら、かなり少ない確率ですが、エディアのBBの方に、その資金を入れた方が良いと思っていて・・・

そこで悩んでいるということです。

やっぱりエディアかな?

スターアジア不動産投資法人とエディアと考えたら、どう考えても当選する確率としてはスターアジア不動産投資法人の方が高いのですが、仮に当選したとしても利益としては微妙だと思っています。

なら、一発に掛けてエディアに資金を集中する方が、当選したとしたらそこそこ利益は取れると思いますので、その方が良いのではないかと考えています。

そこで、資金移動を上手くやればとも思ったのですが、スターアジア不動産投資法人のBBは「4月4日~4月7日」、一方エディアのBBは「3月30日~4月5日」、BB期間が被っているので資金移動をしても間に合わず無理

やはり、エディアの当選に一発掛けた方が良いのかなと思っています。

少ない資金

資金が多くあれば、当選枚数の少ない副主幹事など全部のIPOに参加すれば良いと思いますが、資金が少ないとそうもいきません。

例えば、公募価格20万のIPOに、副主幹事が5社いるとすると、それに全部申し込むだけで100万円の資金が拘束されます。そこに主幹事も入れると120万になります。

さらに他のIPOもあるとなると、1社のIPOだけに資金を多く注ぎ込むこともできず、どのIPOに、またどの主幹事や副主幹事に申し込むかで選択が迫られるということです。

資金が少ないとそういった選択を多く迫られ、それはそれである意味おもしろい面もあるかと思いますが、やはりIPOには資金が潤沢にあった方が良いと思わずにはいられないですね。

最後に

IPOをやるにも資金が少ないとどれもこれもとは行かず、少ない資金をどう活用すべきかがポイントだと思います。

また、資金が少なければ少ないだけ上記に書いたように、どのIPOにまたどの幹事に申し込むかで多く選択を迫られます。

その選択にどれが良いとの正解はないと思いますが、少しでも自分の有利にしたいと思うのは、IPOをやっている人なら誰しもが思うことだと思います。

スポンサーリンク