IPO新規承認「ソウルドアウト」三菱主幹事で当選に期待!!

スポンサーリンク

IPO新規承認「ソウルドアウト」

このほど「ソウルドアウト」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「地方および中堅・中小企業向けネットビジネス支援事業(ウェブマーケティング、HR(人的資源)、IT(情報技術)化領域を支援するサービスの提供)」となっています。

ソウルドアウトは、IPOでは人気のIT系、さらに三菱UFJが主幹事の比較的に大型のIPOとなりますので、当選の期待が持てる銘柄になると思います。

ソウルドアウトの上場スケジュールなど

主幹事  三菱UFJ
市場   東証マザーズ
想定価格 1,080円
当選枚数 26,726枚
BB期間 6/23~6/29
当選発表 6/30
申込期間 7/4~7/7
上場日  7/21

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

ソウルドアウトの総評①

ソウルドアウトについては「IT系」ということで、IPOの業種の人気としては「強い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は多く、三菱UFJが主幹事ですので、当選の期待が持てる銘柄になると思います。

主要大株主は、掛かりが甘い180日のロックアップ、VCなしSOありですので、その点での需要面は「普通」程度になると思います。

また、会社の売上については年々上昇していますので、特に問題ないように思います。

ソウルドアウトの総評②

ソウルドアウトの総評としては、IPOでは人気のIT系、会社の売上も伸びていますので、公募割れすることなく初値は順調に推移すると思います。

また、三菱UFJ主幹事で、今のところ相場の状況も良く単独上場になりますので、その点もメリットになると思います。

ただし、当選枚数は多く、どちらかといえば「大型」の部類に入るIPOで、SOの量も少し気になりますので、需要面で不安が残るのは否めないと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク