まさか!シンシアが公募割れするとは!!

スポンサーリンク

まさかのシンシアが公募割れ!

12/16に上場した、IPOの「シンシア」ですが・・・・

そのシンシアが上場した結果は、まさかの「公募割れ」となってしまいました。これは、私の中では、全く予想することができず「まさか!」という出来事でした。

当然、公募割れはないと思っていましたので、私は全力でBBに参加しましたし、そして、落選したことに「残念!」と思っていました。

需要などは悪くないと思うのですが・・・

シンシアの公開株数は「500,000」ですので、枚数的にはそう多くはなく、どちらかといえば少ない方だと思います。

また、VCやSOの存在がありましたが、それほど多くもなく、需要面は悪くはないと思っていました。そして、会社の売上も年々伸びていましたので、その点からもそれほど悪くはないIPOだと思っていました。

とにかく、公募割れするほどのIPOだとは思っていませんでした。

シンシアが弱いとするなら?

シンシアが弱いとするなら、コンタクトレンズの製造・販売ということで、その業態や、コンタクトレンズといえば大手にメニコンなどの存在があり、2番煎じ3番煎じ的なことで、業態的に弱いとは思っていましたが・・・・

しかし、まさか公募割れすると思わずで、会社から帰って来て初値を見たときは、思わず目を疑ってしまいました。

これは、相場の状況が良いので、わざわざシンシアに飛び付く必要もなく、他にも良い銘柄はあり、思ったほど買いが集まらずで、公募割れになってしまったということなのか?

とにかく、シンシアが公募割れした原因は定かではありませんが、シンシアの初値については残念な結果でした。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク