IPO新規承認「信和」私のBBスタンスは保留です!

スポンサーリンク

IPO新規承認「信和」

このほど「信和」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「主に仮設資材、物流機器を中心とした金属製品の製造販売」となっています。

信和は、東証二部上場で業態的にも目新しいことはなく、さらに「全部売出株」の「出口案件」になりますので、厳しい面があると思います。

ちなみに、IPOでいう出口案件とは、資金を回収するための上場ということです。

それは、上場で得た資金を使い設備に投資したり研究開発費に充てるなど、そういった一般的な上場目的ではないということです。

信和の上場スケジュールなど

主幹事  野村証券
上場予定 東証二部
想定価格 1,380円
当選枚数 137,884枚
BB期間 3/2~3/8
当選発表 3/9
申込期間 3/12~3/15
上場日  3/20

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

信和の総評①

信和の業種については「金属製品」(仮設資材など製造販売)になりますので、IPOの業態の人気としては「低い」と思います。

当選枚数は「137,884枚」と多く、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップが掛かり、VCありSOありでVCが上位を占めますので、その点での需要面も良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益については、微増ですが売上利益共に年々伸びています。ただし、微増ですので業績に頭打ち感が見られます。

信和の総評②

信和は、業態としての人気は低く、業績に頭打ち感があるところも気になるところです。

また、東証二部上場で吸収金額が大きい大型IPOになりますので、需要的な面も不安があると思います。

そして、何より全部売出株になりますので、資金回収のためのIPOということで、さらに人気や需要は落ちると思います。

総評としては、野村証券が主幹事ですので、強い面はあると思いますが微妙な案件ですので、私のBBスタンスは今のところ「保留」です。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク