厳しい相場でこれではIPOが新規承認されてもダメじゃね?

スポンサーリンク

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

日経は大幅な下げ

今日の日経は「632.18円」の下げで終了しました。この大幅な下げで「昨年来の安値」を更新しました。

19日のNYダウが反発していましたので、今日の日経については、下がったとしてもそれほど下がらないのでは?と予想していたのですが、その思いとは裏腹に大幅に下げる形となりました。

日経と中国が連動

このブログに何度も書いていますが、今は「中国(チャイナ)次第」の相場になっていますので、その中国が下げるとそれと並行して日経も下げると言ったような状態です。

少し前までは、大抵NYダウと連動していた日経でしたが、今はその中国と連動する形となっています。

IPOの新規承認はまだ先でいい!?

ここまで日経が下げてしまうと、いくら良質なIPO(新規公開株)が新規承認されたとしても、初値はそれなりの価格に収縮してしまい、大した利益も乗らずでダメなのでは?と思うわけです。

そんなことになるなら、このままIPOは当面の間は新規承認されずに、相場の上昇が見込めるようになってからでも遅くはないかな?と思うこともなきにしもあらずです。

ここで、下手に新規承認が出て来て、その初値の結果でIPO相場が崩れてしまえば、後々のIPOにも響くことになりかねないと思います。

最後に

上記に書いたように、今IPOが新規承認されたとしても厳しい状況だと思いますので、そのIPOの新規承認はもう少し先でもいいのかな?と思う反面、早くIPOの新規承認が出ないかな?と思っている矛盾

ここまで相場が荒れてしまうと、上場予定の企業は様子見している状況だと思いますので、IPOについては、毎年1月中に年度初の新規承認が出てみたいな流れになっていましたが、もしかしたら1月中の新規承認のお知らせは来ないかもしれないですね。

スポンサーリンク