IPO初値予想「シェアリングテクノロジー」初値高騰間違いなし!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「シェアリングテクノロジー

上場日:2017/8/3

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:1,380,000

公開価格:1,600円

主幹事:大和

事業内容:ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」および総合プラットホームサイト「生活110番」の運営、ウェブ集客にかかるコンサルティング業務など

シェアリングテクノロジーの考察①

シェアリングテクノロジーの業種については「IT系」ということで、業種の人気は「強い」と思います。

また、当選枚数(吸収金額)は「若干多目」だと思いますので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

主要大株主には、掛かりが甘い「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありでそこそこ枚数がありますので、その点での需要面も良いとはいえないと思います。

また、会社の売上は、ここ2~3年を見ると伸びていますが、赤字経営からようやく黒字になったといった感じですので、経営的に「様子見」といった感じになると思います。

シェアリングテクノロジーの考察②

シェアリングテクノロジーの考察としては、IPOでは人気のIT系、さらに上場タイミングが良いですので、公募割れはなく高い初値になると予想しています。

ただし、当選枚数がそこそこ多くVCありSOありで、VC及びSOの枚数がそこそこありますので、需要面で弱い面があると思います。

また、会社の利益をみると、ここ2~3年でようやく赤字から黒字に転換したといった感じですので、その点も弱含みになると予想しています。

初値予想としては、IPOでは人気のIT系、また上場タイミングが良いということを加味して「2倍以上」の初値になると予想しています。

初値予想

評価:A(8)
初値予想:3,600円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク