IPO新規承認「シェアリングテクノロジー」当選の期待大!!

スポンサーリンク

IPO新規承認「シェアリングテクノロジー」

このほど「シェアリングテクノロジー」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「ライフサービス領域に関する「バーティカルメディアサイト」及び総合プラットフォームサイト「生活110番」の運営、WEB集客にかかるコンサルティング業務等」となっています。

シェアリングテクノロジーは、IPOでは人気のIT系となりますので、人気化する要素があると思います。

シェアリングテクノロジーの上場スケジュールなど

主幹事  大和
市場   東証マザーズ、名証セントレックス
想定価格 1,560円
当選枚数 13,800枚
BB期間 7/19~7/25
当選発表 7/26
申込期間 7/27~8/1
上場日  8/3

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

シェアリングテクノロジーの総評①

シェアリングテクノロジーについては「IT系」ということで、業種の人気としては「強い」と思います。

また、当選枚数(吸収金額)はそこそこありますので、その点での需要面は「普通」といった感じになると思います。

主要大株主には、掛かりが甘い「1.5倍」のロックアップ、VCありでSOありでそこそこ枚数がありますので、その点での需要面は良いとはいえない状況だと思います。

また、会社の売上については上昇していまが、ここ1~2年でようやく黒字化したといった感じですので、経営的に不安が残ると思います。

シェアリングテクノロジーの総評②

シェアリングテクノロジーの総評としては「IT系」ということで人気が出ると思います。

ただし、ITでもウェブサービスを提供するという、大きな技術的な目新しさは感じられないと思います。

また、当選枚数がそこそこありで、VC及びSOの存在も気になりますので、公募割れはないものの上値も限定されると現時点では予想しています。

また、大和が主幹事で枚数がありますので、当選の期待が持てるIPOだと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク