シャノンの当選確率は本当に5%だったのか調べてみました。

スポンサーリンク

シャノンの当選確率は5%?

先日、東洋証券で抽選が行われたIPOの「シャノン」ですが・・・

そのシャノンについては、主幹事である東洋証券のBBの申し込み数が少ないと予想されていましたので、大手証券会社のIPOに比べると、当選確率はかなり高かったと思います。

そして、その当選確率については・・・

概算で、BB受付数「3,000名~4,000名」、配分数「150枚」、ということで、20~25人前後に1人が当選する確率です。これは、当選確率が「4~5%」ということです。

そこで、本当にその程度の当選確率だったのかを調べてみました。

シャノンの当選確率を調べた結果

あくまでも、パっと見た今日までの「概算」の数字ですので、ご了承下さい。

・ブログ村「15名」(全滅

・A掲示板「10名」(全滅

・B掲示板「15名」(1名当選

当選数を調べた結果「約40名」に対して「1名当選」ということになりました。

そして、その当選確率は「2.5%」でした。

この結果を見てどう思うのか?

この結果を見て思うのは、まあ「順当」だったと思います。

当選した全ての人が「当選した!」と報告するわけではないと思いますので、こんなもんだと思います。むしろ、当選したことをいわない人の方が多数だと思います、

ただし、某掲示板で当選したと報告している1名が、当選した画像を公開してるわけではないので、これが違うとなれば話しは別で、当選確率5%というのは、噂に過ぎなかったということになると思います。

最後に

とにかく、IPOは簡単に当選するものではないと思いますので、いくらIPOに慣れているブログ村の人たちでも、当選報告など早々に上がらないということだと思います。

ましてや、今回のシャノンについては、当選枚数の少ないIPOですので、当選報告がないのは当然のことだと思います。

そんな私については、シャノンの抽選結果は、当然のように「落選」(補欠)になってしまいましたが、この結果に諦めず、次のIPOに期待したいと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク