IPOで資金の少ない人は「SBI証券」を最優先にすべき!?

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)の当選確率を確実に上げる方法

IPO(新規公開株)の当選確率を「確実」に上げる方法は?それは「SBI」で「IPOチャレンジポイント」を貯めることです。

それは、IPO投資をする人なら誰もが知っていることだと思います。そして、SBIは「落選」するとIPOチャレンジポイントが「1ポイント」手に入ります。

そのIPOチャレンジポイントを貯めることで、下記の画像のようにポイントが貯まって行きます。その貯めたポイントによって当選確率を上げることができます。

SBIのIPO抽選の仕組み

SBIに割り当てられ、ネットで配分されるIPOは「一般(通常)抽選」と「ポイント抽選」の2種類に分けられます。

一般抽選では、全配分の「70%」が割り当てられ「完全抽選」により抽選が行われます。

完全抽選とは、通常申し込みの中から当選を割り振る方法で、多くの株数(資金)を申し込めば、申し込んだ分だけ当選確率が上がります。

そして、残りの「30%」は「ポイント抽選」になります。これは、IPOチャレンジポイントを多く使った人の順に当選を決める方法です。

上記の2点がSBIのネット抽選の仕組みになっています。

確実に「当選」が取れます!

ということは、IPOチャレンジポイントを多く持てば持つほど、ポイント抽選で確実に当選が取れるということです。

このような抽選システムは、今のところSBIにしかなく他社にはない制度で、資金が少ない人にも公平にIPOが配られるとても公平な抽選方法だと思います。

そして、私は他社でもSBIのようなポイントシステムを導入して欲しいと思いますし、公平抽選を唱っている証券会社は、このようなシステムを見習うべきだと思います。

確実に当選を狙うか?ワンチャンを狙うか?

そして、SBI以外の証券会社が主幹事になったときは、その主幹事の証券会社からIPOに申し込んだ方が当選確率は上がると思います。

しかし、その他社のIPOに申し込むことで、資金不足でSBIに申し込めないのなら、私ならSBIに的を絞りポイントを確実に取りに行きます。

それは、SBIポイントを取ってポイント当選を取りに行くか?もしくは、SBI以外の主幹事や配分の多い証券会社に申し込んで、ワンチャン狙いに行くかの違いだと思います。

もちろん、資金的に余裕があるなら、主幹事及びSBIの両方、もしくはそれ以上に申し込むべきだと思います。その方が、当選確率も上がりSBIポイントも取れますので・・・

最後に

SBIのIPOチャレンジポイントは、1回落選して1ポイントですので、思ったほどポイントは貯まりません。

しかし、落選すれば確実に1ポイントが貯まりますので、コツコツと貯めれば確実にポイントは貯まります。その貯めたポイントを使えば、確実に当選が取れます。

ですので、IPOで資金が少ないもしくは資金的に不安を抱えているという人は、確実にSBIのIPOチャレンジポイントを取ることを最優先することをおススメします。

No.1ネット証券ではじめよう!IPOデビューするならSBI証券

スポンサーリンク