SBI主幹事のIPOは何ポイント使えば当選できるのか?

スポンサーリンク

SBI主幹事のIPOは何ポイント使えば当選できるのか?そのデータを公開!

0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

先に書かれてしまった・・・

実は、少し前から温めていた記事があったのですが、その記事を週明けにでも書こうと思っていたのですが・・・

今週の木曜日かな?ブログ村のブログを見ていたところ同じような内容の記事を先に書いていた方がいましたので、今更温めていても仕方がないと思い今日書くことにしました。

その記事とは?

最近、SBIが「主幹事」のIPOが続々と新規承認されています。そこで、SBIで当選するにはどのようにして「SBIポイント」を使うのか?それが大きなポイントになってくると思います。

そこで、そのポイントの使用について、何かヒント的なものになればと思い、以下に過去のSBIが主幹事だったときのIPOでのポイント使用での「当選ライン」と「株数」を書きたいと思います。参考になれば幸いです。

2015年度のSBI主幹事のIPOのポイント当選ライン

・社 名   ALBERT(IT系「ビッグデータ」)
SBI配分 262,300株
当選ライン 「不明」(300株配分
株 価   公募「2,800円」 初値「6,040円
その他   204Pで当選報告、ただし、それ以下での当選もあった模様

・社 名   RS Technologies
・      ポイントを使うまでもなく不人気のため省略

・社 名   モバイルファクトリー(IT系「モバイルサービス」)
SBI配分 「804,600株」
当選ライン 「125P前後」(300株配分
株 価   公募「1,410円」 初値「2,812円

・社 名   レントラックス(IT系「WEB関連」)
SBI配分 「324,600株」
当選ライン 「140P前後」(300株配分
株 価   公募「1,750円」 初値「2,680円

・社 名   あんしん保証(不動産系「賃貸保証」)
SBI配分 「172,000株」
当選ライン 「175P前後」(200株配分
株 価   公募「1,460円」 初値「5,730円

・社 名   インベスターズクラウド(不動産系「不動産ネットサービス」)
SBI配分 「926,500株」
当選ライン 「145P前後」(300株配分
株 価   公募「1,870円」 初値「3,615円

・社 名   ダブルスタンダード(IT系「ビックデータ」)
SBI配分 「573,900株」
当選ライン 「200P前後」(300株配分
株 価   公募「2,190円」 初値「5,010円

・社 名   ソーシャルワイヤー(IT系「ニュースワイヤー、レンタルオフィス事業」)
SBI配分 「464,400株」
当選ライン 「170P前後」(300株配分
株 価   公募「1,600円」 初値「2,511円

総評

SBI主幹事によるポイントによる配分(予想)
・割当「200,000株」(2,000枚)以上・・・「300株
・割当「200,000株」(2,000枚)未満・・・「200株

VC及びSOなしもしくは少ない銘柄は、初値がそれなりに上がる傾向あり(インベスターズクラウドなど)、さらに、配分の少ない銘柄は、より初値が上がる傾向にある(ALBERT、あんしん保証など)

最後に

上記の「当選ライン」のポイントは「私調べ」ですので、きちんとしたソースはありませんので、こんな感じなんだな?と参考程度にして頂けるとと思います。

今後、SBIが主幹事で「インベスターズクラウド」及び「ダブルスタンダード」の2社の上場が控えていますので、そこでどうSBIポイントを使うかが悩みどころだと思います。

そのSBIポイントについては、最近のIPO人気により過去当選ラインのポイント使用数より多くのポイントを使用しないと今後は当選するのが難しいと予想されます。

スポンサーリンク