私がIPO(新規公開株)で「SBI証券」を1番に押す理由

スポンサーリンク

IPO幹事件数ナンバーワン!

SBIは、IPOの主幹事件数としては、大手証券会社に比べると少ないですが、幹事件数としては、業界ナンバーワンです!(2014年度調べ)

そして、幹事件数が多いということは、それだけIPOに当選する確率も高くなるということです。その表が下記になります。

IPOの抽選に落選してもチャンスがある!

SBIのIPOでは、SBI独自の「IPOチャレンジポイント制度」があります。

それは、IPOの抽選に落選した場合には、IPOチャレンジポイントが1ポイントもらえます。そのポイントを使うことで、当選する確率を上げることができます。

IPOチャレンジポイントはとても優良なサービスです!

IPOチャレンジポイントは、ポイントをより多く使った人に、優先的に当選が配られる制度となっています。

そのIPOチャレンジポイントは、とても良心的な制度で、落選が続いている人に優先的にIPOを配布するための制度で、公平にIPOの当選が配られる他社にはない制度です。

SBIだけでなく、こういった良心的な制度は、他社もどんどん導入すべきだと思います。

URL:IPOチャレンジポイントの詳細

その他(HYPER空売りサービス)

SBIでは、他社では扱っていないIPO銘柄や新興市場銘柄も空売りができる「HYPER空売りサービス」が利用できます。

ボラティリティ(値幅)が大きい銘柄も多数採用していますので、収益チャンスの拡大が期待できます。

最後に

IPOをやる上で、SBIの「IPOチャレンジポイント制度」は外せないと思います。

それは、元々当選しにくいIPOのところを、IPOチャレンジポイント制度を使うことで、当選確率を上げることができるからです。

そこで、IPOなどをしている人で、まだSBIの口座開設をしていないという人は、この機会に是非とも口座開設することをオススメします。

No.1ネット証券ではじめよう!IPOデビューするならSBI証券

スポンサーリンク