日本郵政、富士フィルム、最近こんなのばっかりだな!

スポンサーリンク

日本郵政が多額の損失計上へ

日本郵政は、2015年に買収したオーストラリアの物流会社の業績不振に伴い、17年3月期連結決算で数千億円規模の損失を計上する。

15年11月に株式上場を果たした日本郵政は、国内の郵便事業が低迷する中、収益力強化に向けて国際物流事業に活路を見いだそうとトールを買収した。

しかし、資源価格低迷の影響でオーストラリアの資源貿易が停滞したことなどから、トールの業績は計画を下回る状況が続いている。

何で安易にこういうことするんかな?

まず驚いたのが、日本郵政が海外企業を買収していたということ。いつの間にそんなことしていたんだ?

郵便事業の不振を少しでも取り返したいという気持ちはわからなくもないけど、これは、海外企業など下手に手を出すると失敗するという良い例だと思う。

それは、大したノウハウもないだろう元公務員が、国内ならいざ知らず海外企業を上手く運営できるとは到底思えないから。

そして、使い方によっては利益を生み出す可能性が十分ある「郵便事業」(国内事業)で、何でもっと付加価値を見出そうとしないのか理解に苦しむ。

富士フィルムが不正会計

富士フイルムホールディングスは、連結子会社の富士ゼロックスの海外(ニュージーランド)販売子会社で会計処理に誤りがあったとして、予定していた決算発表を延期すると発表した。

過去数年間で最終損益に計約220億円が不正計上された可能性がある。

コピー機の利用の有無に関わらず、毎月一定の料金を受け取る契約を結ぶべきだったが、子会社はそうした契約を結んでおらず、利用に応じた料金しか回収していなかった。しかし、決算書では本来の契約通りの売り上げを上げたとしていた。

15年にも問題を指摘する内部通報があり、契約見直しを進めた結果、問題が解消されたと判断していた。

不正会計とかなくならんのかな?

決算の時期になると、毎年決まって数社が不正会計とのことでニュースになる。それでも故意ではなく、本当にミスしたとか間違えたとかなら仕方がないと思うけど・・・

しかし、大手企業で公認会計士や弁護士などの監査を入れて、それで経理的な見落としとなれば、故意にやった考えるのが妥当なんだと思う。

そして、こういった不正会計については、企業が存在する限りは、ずっとなくならないんだと思う。そして、その度に株主はババをつかまされることになる。

最後に

シャープ、東芝、次に日本郵政と、業績不振などのニュースが後を絶たない。

それは、企業が下手に事業を拡大しようとか、本業以外のことに下手に手を出すと失敗するということなんだろうけど、海外買収とか事業拡大とかって、企業が成長するためには致し方ないことなんだと思う。

そして、その成長過程で選別され、大きな損失や倒産するところが出るのは、ある意味「必要悪」ということなのかな?

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク