IPO新規承認「RPAホールディングス」SBI証券主幹事です!

スポンサーリンク

IPO新規承認「RPAホールディングス」

このほど「RPAホールディングス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「事務作業代行ソフトウェアの販売等を行うロボットアウトソーシング事業及びアフィリエイトサービスを行うアドネットワーク事業等」となっています。

RPAホールディングスは、IPOでは人気の「ロボット」や「AI」(人工知能)などのキーワードを含む銘柄になりますので、高い人気になると思います。

また、SBI証券が主幹事になりますので、当選も期待できると思います。そこで、ポイントを多く持つ人は、ポイントを使うかで悩みどころだと思います。

RPAホールディングスの上場スケジュールなど

主幹事  SBI証券
上場予定 東証マザーズ
想定価格 3,200円
当選枚数 6,000枚
BB期間 3/8~3/14
当選発表 3/15
申込期間 3/19~3/23
上場日  3/27

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

RPAホールディングスの総評①

RPAホールディングスの業種については「サービス業」(ロボット事業など)になりますので、業態の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は「6,000枚」と普通程度ですので、その点での需要面も普通だと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップが掛かっていますが、VCありSOありでそこそこ枚数がありますので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

会社の売上や利益については、直近を見ると急激に伸びていますので、将来的に期待が持てる銘柄になる思います。

RPAホールディングスの総評②

RPAホールディングススは、業態としての人気は高く、ロボットやAIなどのキーワードを含んでいますので、さらに一段高い人気になると思います。

ただし、VCとSOを合わせてると「2,500枚以上」ある株数、またほぼ売出株になりますので、そういった点はマイナスになると思います。

総評としては、業態的に高い人気になると思いますので、ここは迷わず全力でBBに参加する予定でいます。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク