キュービーネットホールディングスのBBスタンスなどについて

スポンサーリンク

キュービーネットホールディングスのBBについて

キュービーネットホールディングスについて、BB(ブックビルディング)に参加するしないで意見が割れているようです。

ちなみに、私は新規承認された当初は、BBに参加する予定満々でいましたが、現在ではBB不参加の公算が大きいです。

それは、キュービーネットホールディングスが、それだけ微妙な案件になるということだと思います。

また、キュービーネットホールディングスのような大型IPOは、大型IPOゆえに微妙な案件になることも多く、それは仕方がないことだと思います。

メリット・デメリットが交錯

まず、キュービーネットホールディングスは、全部売出株の「出口案件」になります。

また、公開価格次第では「東証2部上場」になりますので、東証2部上場になった場合は、IPOでは人気薄になると思います。

ただし、仮条件下で決まるとは考えにくく、大方の予想は東証1部上場との見解です。あくまでも予想の範囲ですが・・・

さらに出口案件といっても、VCには「180日」のロックアップがしっかり掛かっていますので、その点は安心できるのかなと思っています。

メリット・デメリット

メリット
・QBハウスといえば、知る人が多く知名度が高い。
・主要大株主には、180日のロックアップ
・売上や利益などは伸びていて、業績は悪くない
・海外展開などで、今後業務拡大予定?

デメリット
・大型IPOにある需要面での不安
・全部売出株の出口案件
・東証2部上場となれば公募割れ必至?
・業態に目新しさがない
・2社同時上場で資金分散

最後に

キュービーネットホールディングスについては、上記に書いたようなメリットもありデメリットもある案件になると思います。

そこで、万事を期すならBB不参加ということになると思います。

しかし、当選枚数が多く当選しやすいというのがあり、運次第では複数当選もある案件になると思いますので、無下にできないというものあると思います。

そこで、私の場合はですが、メリットとデメリットが交錯しているような状況ですので、今回は無理をせず泣く泣くBB不参加としました。

ただし、あくまでも予定ですので、今後の状況次第ではBBに参加するかもしれません。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります。

スポンサーリンク