IPOでは「プラチナチケット」は強い!と再認識しました。

スポンサーリンク

プラチナチケット強し!

21日に上場した、グレイステクノロジー、イノベーション、セグエグループ

この3社の初値を見て思ったのは、当選枚数の少ない「プラチナチケット」と呼ばれる「希少株」については、IPOでは強いということを再認識しました。

当然、当選枚数の少ない希少株ですので、IPOでは強いというのは、極々当たり前のことなのですが・・・

その希少株にさらに、IT系などの「人気業種」が重なることで、さらに強力になるということを今回は再認識しました。

エイトレッドの初値は予想通り!?

そして、上記の3社の初値が爆上げしましたので、その後(本日)上場した「エイトレッド」についても「爆上げするのでは?」と思ったのですが、思ったよりも、その初値は抑えられたと思います。

そのエイトレッドについては、当選枚数が「6,900枚」と、それほど少ないわけではなく、むしろ「普通」程度でしたので、初値もそれに連動したのだと思います。

このエイトレッドの結果を見てもわかる通り、繰り返しになりますが、プラチナチケットといわれる希少株は、IPOでは強いということを今回は再確認しました。

プラチナチケット&人気業種

ただし、当選枚数が少なくても、本日上場した「フォーライフ」のように、極ありふれた不動産業ということで、業種的に弱いIPOでは、その初値としては、相場の状況にもよると思いますが、平凡な初値に収まるのかなと思います。

初値爆上げの条件は、あくまでも「プラチナチケット&人気業種」この2つが重なることで成し得る技だと思います。

そして、プラチナチケット&人気業種の2つが重なると、初値爆上げになる可能性が大きくなると、今回は勉強させてもらいました。

また、先に上場した「リネットジャパングループ」については、プラチナチケットで、一応IT系でしたが、その中身は「ブックオフと同類?」ということで業種的に弱く、プラチナチケット&IT系でしたが、初値爆上げにはならかったのだと思います。

ティビィシィ・スキヤツトの初値は?

ということで、これから上場される「ティビィシィ・スキヤツト」についても、初値は爆上げする可能性が高いと思います。

そんな私は、12月のIPOは、当選「0」(ゼロ)でしたので、ただ指を加えて見ているだけしかできませんでした。悔しい!!

グレイステクノロジー、イノベーション、セグエグループ、そのどれかに当選された方は、予想以上の初値になったことで「ウハウハ」だったと思います。おめでとうございました。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク