フィル・カンパニーの初値高騰は運ゲーム!?

スポンサーリンク

誰も予想できない初値結果

11月18日に「フィル・カンパニー」が上場され、公開価格「1,310円」に対して、最終的な初値は「4,000円」となりました。

この結果を誰が予想できたでしょうか?

フィル・カンパニーの初値が、ここまでの高値になるとは誰も予想できなかったと思います。

それは、大手予想を見ても、他のブログを見ても、私自身も、この公開価格から3倍以上の初値を付けるなど、誰も予想はしていなかったからです。

大方の予想を覆すトランプ氏の当選

このフィル・カンパニーの初値の結果は、トランプ氏がアメリカの大統領に当選したことで、米国株が好調になり、それを受けての初値だと思います。

まず、トランプ氏が勝つと誰が予想できたでしょうか?当然、トランプ氏が勝つと予想していた人もいましたが、極々少数派です。

そして、トランプ氏が当選したとなれば、大方の予想は、米国株は「暴落」すると予想されていましたが、その予想とは、逆行する形となりました。

この2つの予想を当てなければ、今回のフィル・カンパニーの予想も、当然、当てることはできなかったということだと思います。

私自身の予想

そして、私自身は、フィル・カンパニーの初値を「2,620円」(公開価格の2倍)としていましたが・・・

URL:今更ながらフィル・カンパニーの初値予想

しかし、正直、少し高目に予想してしまったかな?と思っていました。ですので、もしかしたら、初値は「2,500円」ぐらいになるのかな?なんて、勝手に予想をしていました。

それは、いくら当選枚数の少ない希少株とはいえ、フィル・カンパニーの業種は「建設業」で、IPOとしては、業種的に弱いと思っていたからです。

最後に

IPOの初値予想は、とにかく難しい。それは、上場前に相場が好調でも不調でも、上場するときの状況は、そのときにならないとわからないからです。

今回のフィル・カンパニーの上場についても、上場する前は、相場の状況としては、まあ普通の状態だったと思います。

しかし、上場するときには、相場は好調となっていて、それを受けての初値でした。

そして、このフィル・カンパニーの初値が、私に予想ができていたなら多分ですが、SBIで今保有しているポイントを全力で、BBに参加していたと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク