大江戸温泉リート投資法人は初の温泉リートなので問題なし!?

スポンサーリンク

大江戸温泉リート投資法人と最近のリートについて

大江戸温泉リート投資法人の「大江戸温泉」といえば、1番有名なのは「大江戸温泉物語」だと思います。

その大江戸温泉物語は、都内(江東区・お台場)にある最大級の「温泉テーマパーク」で、都内に住んでいる、もしくは、温泉好きの人には、多く知られた温泉施設だと思います。

そんなリートといえば、通常は、住居、ホテル、ショッピングモールなどを取得し貸し出すことなどで、その利益を株主に配当として分配するシステムです。

リートの差別化は難しい

しかし、ここ最近は、上記のような同じ形態のリートが多数ありで、そのリートの差別化が難しくなっています。

そのような中、上記のような不動産に投資をするといった単なるリートを出したところで、あまり見向きもされないと思います。そこで、上場したところで、初値割れという事態にもなりかねないと思います。

そこで、今後のリートについて、BBに参加するしないの基準はどうしたら良いのか?と考えるのですが・・・

今後のリートについて

直近で上場した「三井不動産ロジスティクスパーク投資法人」のように、大手の看板を背負いそのことで安心感を得る。

また、リートではありませんが、タカラレーベン・インフラ投資法人のように、初の「インフラファンド」として注目を集める。

また、ヘルスケア&メディカル投資法人のように。初の「ヘルスケアリート」で、将来性のある「介護」を全面に押し出しすなど、何かしら目を引く物がないと、今後のリートについは、少し厳しいのかと思っています。

参考URL:温泉REIT「大江戸温泉リート投資法人」過去の結果と評価など

最後に

そこで、大江戸温泉リート投資法人については、初の「温泉リート」ということで、今のところ私は問題ないと思っています。配当も予定で約5%となっていますので、その点でも特に問題ないと思っています。

問題ない理由は、上記にも書きましたが、初の温泉リートとして注目を集めているからです。

さらに、多くの温泉施設を手掛ける「大江戸温泉物語グループ」が仕掛けるリートですので、その点も良いと思っています。これが、単に不動産を売買するだけのノウハウしかない企業のリートなら、少し敬遠したいところだと思います。

また、大江戸温泉リート投資法人は、通常の配当だけでなく、温泉関係の優待も付く可能性もあると思いますので、さらに人気の出るやすいリートになるのではと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク