IPO初値予想「No.1」初値2倍以上は堅い!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「No.1

上場日:2017/3/28

市場:JQS

業種:卸売業

公開株数:506,000

公開価格:1,570円

主幹事:SBI

事業内容:OA機器および情報セキュリティー関連機器の販売および保守サービス業

No.1の考察①

No.1については「卸売業」ということで、業種の人気としては「弱い」と思います。

ただし、業務としてIPOでは人気のIT系、さらに人気のセキュリティー系の仕事もしていますので、全体的な業種の人気としては「普通」程度になるかと思います。

公開株数は、普通か若干少な目ですので、需要面は悪くないと思います。

主要大株主には、180日もしくは1.5倍のロックアップ、VCなしSOありで、SOの枚数がそこそこありますので、それが気になるレベルだと思います。

また、会社の売上については伸びていますが、利益については頭打ち感がありますので、不安が残ると思います。

No.1の考察②

No.1の考察としては、業態として人気のIT系の面を持ち合わせていて、業態的に強い面があると思います。また、公開株数がそれほど多くないのもメリットだと思います。

しかし、本来の業種である卸売業と見ると業種的に弱く、会社の利益も頭打ち感がありますので、メリット・デメリットが交錯しているような状況だと思います。

ただし、IPOが現在好調ですのでその流れに乗れれば、公開価格の「2倍以上」の初値は付けるのかなと予想しています。

初値予想

評価:A(8)
初値値予想:3,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク