IPO初値予想「日宣」初値割れする要素がない!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「日宣

上場日:2017/2/16

市場:JQS

業種:サービス業

公開株数:287,500

公開価格:1,600円

主幹事:大和

事業内容:広告・セールスプロモーションを中心としたコミュニケーションサービス全般の提供

日宣の考察

日宣については「サービス業」ということで、業種的にIPOの人気としては「弱い」と思いまが、当選枚数は少な目ですので、それだけでも初値割れする要素はないと思います。

主要大株主には、1.5倍のロックアップが掛かっていますので、需要面は悪くないと思います。また、SOもありますが、枚数が少ないので問題ないレベルだと思います。

売上については、年々伸びていますので、特に問題ないレベルだと思います。

日宣の考察としては、特に大きなデメリットはないと思いますので、初値割れすることなく、ロックアップが解除される1.5倍以上の初値になると予想します。

強いてデメリットを挙げるなら、JQS上場と業種がIPOとしては弱いぐらい?

初値予想

評価:B(6)

初値予想:2,800円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク