「ネオジャパン」初値15,000円越えはあるのか?

スポンサーリンク

ネオジャパンは人気ありありです。

ネオジャパン」の現在(上場日)の株価は、最終で「6,670円」で値付かずでした。そんな明日(上場2日目)の上限値は「15,350円」となっています。

そこで、初値「15,000円」も十分ありと見ますが果たして?

2日目からは「即金規制」となるため1日目(初日)に比べ買いが減るとの予想ですが、その予想とは裏腹に、人気が人気を呼ぶ状態になるのか?それとも値が上がりすぎて手を引いてしまう人が多いのか?どうなるのか見ものですね。

そもそも即金規制とは?

その名の通り口座に現金(即金)がないと株が買えない状態のことです。

もう少し詳しく書くと、IPOには「即金規制」と呼ばれる規制があります。正確には「新規上場銘柄の売買に関する規制措置」と言い、証券取引所から実行される規制のことです。具体的には、上場されたIPOが上場日(初日)に初値が付かないときの2日目から発動されるもので、通常だと3営業日後の入金決済のところが、買付けの代金が即日徴収されてしまう規制のことです。

ネオジャパン初日の合致点

初日の終わり株数からの合致点は、初値としては「11,000円」を超えています。

当初の初値予想としては、私が知らべた限りでは「8,000~10,000円」が大多数を占めていましたので、その初値予想と比べると合致点を見る限りでは大幅に抜けそうな感じです。

ネオジャパンに当選した人が本当に羨ましい!

最後に

こういったネオジャパンみたいな大幅に利益が取れるIPOに、年に1度でいいから当選すると精神的に楽なんですけどね。そうなるとIPOもやる価値があると思います。

しかし、小粒のIPOしか当選しないとなると、果たしてIPOをやる価値はあるのか?別に投資先を考えた方が良いのでは?と思ってしまうこともなきにしもあらずです。

スポンサーリンク