IPO初値予想「マネーフォワード」大手予想は上々だけど!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「マネーフォワード

上場日:2017/9/29

市場:東証マザーズ

業種:情報・通信業

公開株数:2,931,000

公開価格:1,550円

主幹事:SMBC日興証券、マネックス證券

事業内容:自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」を提供するPFM(個人金融資産管理)事業、法人・個人事業主向けのクラウド型サービス「MFクラウド会計・確定申告・請求書・給与・消込・マイナンバー」といった6つのバックオフィス向けMFクラウド事業など

マネーフォワードの考察①

マネーフォワードの業種については「IT系」ということで、業種としての人気は「強い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は、どちらかといえば多目ですので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありで枚数が多くありますので、その点での需要面も良いとはいえないと思います。

会社の売上については年々伸びていますが、利益は毎年赤字になっていますので、今後に期待で様子見といった感じになると思います。

マネーフォワードの考察②

マネーフォワードの考察としては、IPOでは人気のIT系で話題性も高いですので、人気としては一段高くなると思います。

また、業態についても将来性を見ることができ、それだけを見るとかなり高い人気になると予想しています。

ただし、吸収金額がやや重たいこともさることながら、VC(ロックアップあり)の存在や枚数が多いSOの存在もあり、需要面で良いとはいえないと思います。

また、現状は赤字経営となっていますので、その点もデメリットになり、高い人気でデメリットをどれだけカバーできるかが、初値形成のカギになると予想しています。

ちなみに、大手初値予想で高いとことは「3500円」と予想しているところもあるそうです。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:2500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク