IPO(新規公開株)の魅力とは?

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)の魅力①

IPOの魅力とは、上場されれば株価が上がることが多いということです。株価が上がると言うことは、そのIPOを持っていれば、当然儲けられると言うことになります。

次に、IPOは「公募価格」(売出価格)が割安に設定されていることが多いということです。公募価格が割安に設定されていると言うことは、上場後にそのIPOの初値は上がりやすいと言うことです。

そしてIPOは、取得に際し「手数料が掛からない」ため少額ですが、取得費用分を上乗せして儲けることが可能です。

IPO(新規公開株)の魅力②

IPOは、上場後に「株式分割」を行うこともあり、分割により大幅に利益を上げることができる場合があります。

昔の話しになりますが、ITで有名な「ヤフー」(yahoo)については、上場後の株式分割により、最終的に「1億以上」の株価となりました。(現在の株価は不明です。)

そして、上場企業の中には「新興企業」など歴史の浅い企業も多く、上場後の業務拡大の期待で株価が大きく上げることもあり株価が大きく上がれば、多くの利益に繋がる可能性があると言うことです。

その一例が、上記にも書いたヤフーということになります。特に、IPOでは最近IT系の企業は、上場後に化ける可能性を少なからず持ち合わせていると思います。

当選しさえすれば儲けられる!?後に

IPOの魅力を上記にいろいろと書きましたが、IPOには多くの魅力があることがわかったと思います。

そして、最終的なIPO(新規公開株)の魅力とは、事前の銘柄選定、情報収集、分析などが必要ですが、当選すれは「儲かることが多い」というのが最大の魅力です。

もっとわかりやすく説明すると、全てのIPOで共通するわけではありませんが、当選しさえすれば、簡単に儲けられると言うことです。

1にも2にも当選が難しいIPO

ただし、IPOは儲かることが多いだけに、ライバルも多く当選が非常に難しいです。

IPOの当選確率は「1%以下」と言われ、年間で1~2つ当選すれば良い方だということで、それがIPOだということになります。

ですので、IPOなどやらずに、普通に株やETFなどに投資をした方が儲かると言う人も中にはいます。

IPOは当選しなければ、手持ちの資金を有効に活用することが出来ない投資となりますので、簡単に儲けられるという魅力と引き換えに、全く儲けられないという逆説的なこともありますので、その点で注意が必要だと思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク