IPO初値予想「みらいワークス」イオレの初値が影響するか!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「みらいワークス」

上場日:2017/12/19

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:239,600

公開価格:1,840円

主幹事:SBI証券

事業内容:コンサルタントのビジネスマッチングサービス「FreeConsultant.jp」の運営など

みらいワークスの考察①

みらいワークスの業種については「サービス業」(IT系)ということで、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は、少ない「プラチナチケット」になりますので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「1.5倍or90日」のロックアップ、VCなしSOありで枚数は少ないので、その点での需要面は普通かと思います。

会社の売上や利益については、売上は伸びていますが利益の伸びは少ないので、業績はこれからといった感じになると思います。

みらいワークスの考察②

みらいワークスの考察としては、業種の人気としては高く、当選枚数の少ないプラチナチケットになりますので、公募割れはないと予想します。

ただし、先に上場したSBI証券主幹事のイオレの初値が軟調だったことは、少なからず初値に影響するような気がします。

とはいえ、これといったデメリットは見つからずで、上記の繰り返しになりますが、人気のIT系でプラチナチケットになりますので、初値は高騰すると予想しています。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:4,600円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク