メルカリが上場すると聞いても嬉しいと思わないのは私だけ?

スポンサーリンク

メルカリが今年12月に上場!?

メルカリについて、昨日ですが、年内の上場に向けて「予備申請」を行なっているとの記事がネットに出回りました。

予備申請とは、本申請する一歩手前の段階で、予備申請が通って初めて本申請に進めるという形になります。そして、本申請に通れば、晴れて上場することが決定となります。

メルカリについては、今年中に上場すると噂(うわさ)されていましたので、まだ上場すると決定したわけではありませんが、ほぼ噂通りの結果になったと思います。

そして最近は、新規承認されるIPOが少ないので、少し先の話しとはいえ、メルカリが上場するとの話しを聞いて、IPOにとって良いことだと思いました。

メルカリとは

メルカリについては、多くの人が名前や内容などをご存知かと思いますが、再度メルカリについて、以下に説明をしたいと思います。

メルカリとは、スマートフォンで「フリーマーケット」の利用ができるアプリになります。

2013年7月にサービスが開始され、2015年11月には「2000万ダウンロード」を突破した、フリーマーケットマアプリの最大手になります。

似たようなシステムでは「ヤフオク」(ヤフーオークション)が有名ですが、ヤフオクが入札で商品を買うのに対し、メルカリはあらかじめ決められた価格で商品を買います。

そのため。ヤフオクのように高額になることはなく、定額で商品を購入することができます。また、出品者に値下げ交渉することも可能です。

ネットで中古品を買うには?

数年前までは、ネットで中古品などを買うとなるとヤフオクが一般的だったと思います。もしくは、楽天オークションなどもありましたが・・・

しかし最近では、メルカリがユーザー数を伸ばしており、ネットの中古市場は、ヤフオクとメルカリの2大巨頭になっていると思います。

そんなメルカリが、このほど上場するとの話しを聞いて嬉しいと思う反面、どうなのかなと思うところもあり・・・

それは、メルカリ程度の高い知名度になると、当選株数(吸収金額)が多いと思いますので、上場内容にもよりますが、利益としては薄いと読んでいるからです。

メルカリの上場は嬉しいけど嬉しくない!?

ただし、利益が薄いといっても、私のように資金が少ない庶民でまともに当選が取れるのは、当選株数が多い大型IPOになると思います。

また、当選枚数が多いといっても、そう簡単に当選しないのがIPOで、さらに利益が薄いからと複数当選を狙っても、複数当選など難しいのがIPOだと思います。

そう考えると、メルカリが上場すると聞いて嬉しいと思う反面、利益が薄い割には激戦になるのかなと思い、喜べないところもあるという話しでした。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク