IPOではしっかりと銘柄選定をしても無理なものは無理です!

スポンサーリンク

デクセリアルズ」の初値割れはある程度予想できたことだと思いますが「ジャパン・シニアリビング投資法人」については初値割れするのは私には予想ができませんでした。

ジャパン・シニアリビング投資法人について

1、主幹事が野村なので、ムリクリでも初値は割らせないと思ってた。
2、リート的に枚数は少ない方
3、介護系医療系は、まだまだ人気があると思っていた。

以上のような予想から初値は割らないと思っていたのですが・・・

その購入したIPOが上場するのは1週間後とか10日後とかですので、そのころには相場の状況も購入した銘柄の状況も変わる可能性がありますので、どんなに詳しく調べても銘柄選定をしっかりしても初値割れを回避するのは無理なものは無理だと思います。

ある程度調べて購入して初値割れをしたら「残念」ぐらいに思うしかないと思います。

それでもどうしても初値割れを回避たいなら少しでも割れる可能性のあるIPOには手を出さないことだと思います。俗に言うS・A・B級以外のIPOには手を出さないみたいな。

直近だと「イトクロ」「エスケーホーム」「土木管理総合試験所」「ラクト・ジャパン」「メタップス」これがその手を出してはいけないIPOになると思いますが、ただ、庶民が当選できる銘柄となると上記のようなC級銘柄なのも事実でして・・・

庶民が当選しそうなIPOを購入するか?しないか?そこがIPOの難しいところで、仮にC級以下のIPOを購入して初値が割れしたとしてもそのような銘柄に手を出したのは最終的に「自己責任」だと思うので残念と思うしかないんでしょうね。

スポンサーリンク