マリモ地方創生リート投資法人のBBスタンスと方向性

スポンサーリンク

マリモ地方創生リート投資法人

7月29日に上場する「マリモ地方創生リート投資法人」の仮条件が決定しました。その仮条件は「92,000円~100,000円」でしたので、大体予想通りだったと思います。

マリモ地方創生リート投資法人は、その名の如く「地方を創生するため」のリートです。

その構成は、地方都市70%以上、東京圏30%以下で、レジデンスと商業施設を中心に投資を行うとのことです。

配当利回りはいいけど・・・

配当利回りは、予定で「6.93%」と、かなり高い配当利回りとなっています。この高い配当利回りは、かなりの魅力だと思います。

ただし、最近のリートは、配当が5%とか6%とかが当たり前となっていますので、多少高い配当利回りだけでは、差別化というか良い悪いの判断は難しいと思っています。

また、正直な話し「地方創生」といわれててもピンと来ないですね。

それは、首都圏でも利益を出すのが難しいというのに、地方なら尚更利益を出すのは難しいと思うのですが、地方ってそこまで魅力あるのかと思ってしまいます。

それは、私自身が田舎出身で、その田舎の状況がわかっているからいえることです。

最後に

しかし、リートとしては小口案件、さらに単独上場ですので、総じて悪いともいい難く、良い悪い共に健在しているリートだと思っています。

また、現在のリートの状況を考えると、日経は回復傾向ですが、リートについては、まだまだ回復傾向とはいえないと思っています。

そこで、よほど良いと思えるリートでない限り、BBの参戦は遠慮したいと思っていますので、マリモ地方創生リート投資法人についても、現状では見送る方向で考えています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク