マイナス金利ってむしろかなりの悪害だと思うんだけど・・・

スポンサーリンク

マイナス金利

日本銀行は追加金融緩和策として、日本では史上初となるマイナス金利を来月16日から導入すると発表しました。

そこで、マイナス金利になることのことで企業などがお金を借りやすくなると言われていますが、そもそも安い金利のところをさらに安くなったからと言ってどれだけの企業がそのお金を借りるのか?

金利が安くなりました。じゃあ設備投資をしよう!との企業がそうそうに現れるはずもなく、
さらに、貯金が大好きな日本人、特に高齢者の方々が金利が安くなったからといって、貯金を止めて何か物を購入したり、いまさら株などに資金が流れるはずもなく・・・

マイナス金利とタンス預金

個人だって金利が安いで家を買ったり車を買ったりします?金利が安いからとわざわざ借金を抱えたりしようと思います?自分自身に置き換えてもそれはない話しだと思います。

結局、マイナス金利なんて無駄に「タンス預金」を増やすだけなんじゃね?としか思わないんだけど・・・

さらに、金利の安い地方銀行などは客離れが加速すると思うんだけど・・・

マイナス金利って得するの?

そこで、マイナス金利なんてやって何か得があるの?と思ってしまう。

むしろ金利が下がったことによって、その金利を見込んでいた人や金利が付かないことで将来が不安になって物を買い控える人だっていると思うんです。そのことによってデフレになる可能性だってあると思うんです。

また、こういった株価を戻したいだけの突発的なマイナス金利みたいな政策をするれば、日本の信用が失われ、日本円や日本株などが売られ、逆の意味でマイナスになると思うのですが、私の認識が間違っていたらスイマセン

市場は市場の流れに任せるべき!?

結局、市場ありきの政策は、私は無意味だと思っています。

市場は市場の思惑で動いているのに、そこに無理に介入しようとするからわけのわからないことになる。

結局、わけがわからなくなってやることと言えば「税金の投入」などで、追加緩和しなければならない状態ってのがそもそも間違いであって、その間違いを取り除かない限りいくら追加緩和をしたって無駄だと思う。

そこで、また株価が下がれば追加緩和の期待が膨らみ、仮に追加緩和をやらなかったときのダメージは相当大きくなるはず。

スポンサーリンク