日銀の「マイナス金利」の影響で思うことあれこれ

スポンサーリンク

176aaf95b2b172eac20ace635d9156ec_s

銀行株が売り込まれる

日銀のマイナス金利導入を受けメガバンクなどの銀行株が大きく売り込まれました。

マイナス金利になれば「貯金離れ」ならぬ「客離れ」になるのは必至な状態で、それを見越して株価が下げたのだと思っています。

また、マイナス金利の影響で、銀行の利益が下がるようなことになれば、ATMなどの手数料の引き上げなどで負担転嫁される可能性もあると言われています。

マイナス金利はメリットもある!?

銀行に関しては、今まで優遇され過ぎるぐらい優遇されていたので、まあ、多少株価が下げるのも仕方ないとは思いますが、予想以上の大幅な下げを記録しました。

ただし、マイナス金利になることで、企業や個人にとっては、金利が下がることでお金を借りやすくなると言うメリットも少なからずあると思います。

また、不動産系の業種もマイナス金利は追い風になると言われ、その不動産系の株価もREIT(リート)なども含め上げ傾向にあると思います。

最後に

ですので、マイナス金利は、悪いことばかりでないと思いますので、良い悪いの判断はもう少し先になるのかなと思います。

ただし、私の見解としては「やるべきではなかった」と考えていますが、その辺についての意見は賛否両論があるかと思います。

仮に、これで2%のインフレ目標が実現できれば、日銀はバンバンザイで、今後はやりたい放題になるんだろうなと思いつつ、失敗したときのことを考えると怖くて夜も眠れない?

スポンサーリンク