IPO初値予想「マクロミル」かなり厳しいと予想します。

スポンサーリンク

IPO初値予想「マクロミル

上場日:2017/3/22

市場:東証1部

業種:情報・通信業

公開株数:27,323,500

公開価格:1,950円

主幹事:三菱UFJ、他

事業内容:オンラインを中心としたマーケティング・リサーチおよびデジタル・マーケティング・ソリューションの提供

マクロミルの考察①

マクロミルについては「IT系」ということで、IPOの業種の人気としては「強い」と思います。また、公開株数は多く、需要的に悪い状況だと思います。

主要大株主には、180日のロックアップが掛かっていますが、大量のSOとそもそもの公開株数が多いので、その点の需要面は悪いと思います。

また、会社の経営については、一応黒字となっていますが、過去に上場廃止になった経緯がありますので、様子見といった感じになると思います。

マクロミルの考察②

マクロミルの考察としては、デメリットが多く「公募割れ」と予想しました。

そのデメリットとは、IPOでは人気薄の東証上場、公開枚数が多い、SO大量、一度上場廃止の経緯あり、これだけデメリットがそろってしまうと、買いに走るのは怖いと思います。

メリットとしては、業種がIT系というだけで、IPOとしてのメリットを探す方が難しいと思います。

そして、公募割れするかしないかは、相場の状況と主幹事の頑張り次第!?

初値予想

評価:D(2)

初値予想:1,950円以下

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク