みんなのクレジットは投資先として興味なかったな。

スポンサーリンク

みんなのクレジットの件

あちこちで噂になっている「みんなのクレジット」の件ですが、その内容とは・・・

証券取引等監視委員会は24日、金融商品取引法に基づき、みんなのクレジット(東京・渋谷)を行政処分するよう金融庁に勧告した。

監視委によると、同社は組成したファンドの償還資金や貸付先の親会社の債務超過状態を解消するための増資資金などにも出資金を充てており、投資家保護の観点でも問題が認められたという。また、親会社の貸借対照表上では短期借入金が流動資産を大きく上回っている状況だといい、今後ファンドからの貸付金の返済が滞る可能性が高いと指摘している。

要は、集めた資金を正規の投資先ではなく、関連会社に迂回融資していたということです。

ソーシャルレンティングは危険!?

私は、高利回りを唱っている、その手のソーシャルレンティングといわれるものは「眉唾物」だと思っていますので、ほぼ興味がありません。

そして、興味がないので、どんなものか大して知らないし大して調べたこともなかったので、
当然、投資先として手を出すこともしていませんでした。

そして、IPOブログも含め投資系のブログなどを見ると「みんなのクレジットはいいですよ~!」なんて記事をバンバン流しているのを何度も見ていましたが・・・

それを見て、年利5~10%前後が期待できる代わりに大きなリスクを伴う、 いわば「ハイリスク・ミドルリターン」の金融商品は「危険なのでは?」と思いながら、その記事をずっと眺めていました。

ブログで金融商品を勧めるのは危険!?

今回のみんなのクレジットの件で私が学んだのは、ブログでやたらと金融商品を勧めるのは危険だということです。

それと、自分が実際に投資をしてみて、本当に良いと感じた商品でなければ、紹介してはいけないということでした。

ただ、金融商品ではなく口座開設とかなら、口座を開いた後のことは自己責任だと思うので、問題ないとは思うのですが・・・

そして、みんなのクレジットを紹介していた人は、当然、自分で投資をして良いと感じたから紹介していのだと思いますが・・・

最後に

投資には、みんなのクレジットの件しかり、今話題の東芝の件しかりで、不慮の事故ともいうべく、何が起こるかわからないリスクが伴うと思います。

そこで、虎の子ともいうべく大切なお金を投資するには、 慎重に慎重を重ねて投資をしないと危険だということを、今回のみんなのクレジットの件で再認識しました。

そして私は、みんなのクレジットには投資をしていませんでしたが、今回の記事を読んだだけでも良い勉強になったと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク