IPO初値予想「エル・ティー・エス」初値高騰間違いなし!?

スポンサーリンク

IPO初値予想「エル・ティー・エス」

上場日:2017/12/14

市場:東証マザーズ

業種:サービス業

公開株数:747,500

公開価格:680円

主幹事:大和証券

事業内容:RPA(ロボットによる業務自動化)・AI(人工知能)・ビジネスプロセス可視化などを活用し、企業変革と働き方改革を推進するプロフェッショナルサービスの提供および企業のIT(情報技術)人材不足を解消するマッチングプラットフォーム「アサインナビ」の提供

エル・ティー・エスの考察①

エル・ティー・エスの業種については「サービス業」(IT系)ということで、業種の人気としては「高い」と思います。

当選枚数は普通ですが、公開価格が安く吸収金額が低いので、その点での需要面は良いと思います。

また、主要大株主には「1.5倍or90日」のロックアップ、VCありSOありで行使できる枚数がそこそこありますので、その点での需要面は良いとはいえない思います。

会社の売上や利益については、利益は年々伸びていますが売上は上げ下げしてますので、業績に不安な面があると思います。

エル・ティー・エスの考察②

エル・ティー・エスの考察としては、業種の人気としては高く公開価格も安いので、買いが入りやすいと状況になると思います。

また、IPOでは人気の「ロボット」や「AI」などのキーワード(業態)を含んでいますので、さらに人気は高くなると思います。

ただし、公開株数と同程度あるSOや、業績に不安な面もありますので、その点はマイナスになると思います。

総合すると、IT系ということで高い人気になりやすく、さらに公開価格も安いので、さらなる買いが集まると予想しています。

初値予想

評価:S(9)
初値予想:1,700円以上

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク