IPO初値予想「ロードスターキャピタル」不動産系だけど・・・

スポンサーリンク

IPO初値予想「ロードスターキャピタル

上場日:2017/9/28

市場:東証マザーズ

業種:不動産業

公開株数:1,265,000

公開価格:1,820円

主幹事:みずほ証券

事業内容:中規模オフィスビルなどへの不動産自己投資、不動産賃貸、不動産特化型クラウドファンディングサービスなど

ロードスターキャピタルの考察①

ロードスターキャピタルの業種については「不動産業」ということで、業種の人気としては「弱い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は、どちらかといえば多目ですので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には、掛かりが甘い「90日or1.5倍」のロックアップ、VCなしSOありでその枚数は多くありませんでの、その点での需要面は普通だと思います。

会社の売上については伸びていますが、利益については頭打ち感が見られます。

ロードスターキャピタルの考察②

ロードスターキャピタルの考察としては、IPOでは多い業種の不動産系ですので、人気としては弱いと思います。

ただし、業態として「不動産特化型クラウドファンディングサービス」を行なっていて、将来性が期待できる銘柄になると思います。

また、クラウドファンディングといえば、IPOでは人気化する要素がありますので、その点を加味すると、人気としては普通程度になると思います。

上記の点などを加味して、やや重たい吸収金額をどれだけ吸収できるかが、初値形成のカギになると予想しています。

初値予想

評価:C(4)
初値予想:2,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク