ライブスター証券がIPO(新規公開株)の取扱いを開始しました!

スポンサーリンク

ライブスター証券がIPOを開始!

ライブスター証券」が、2017年1月からIPO(新規公開株)の取り扱いを開始しました!

ライブスター証券がIPOの取り扱いを開始するというのは、IPO投資をやられている方の多くがすでに知っていることだと思いますので、いまさら感が満載ですが・・・

しかし、最近IPO投資を始めた、もしくは、これからIPO投資をやるか迷っているなどの方に向け、ライブスター証券のIPO取扱いに関するメリットを紹介したいと思います!

ライブスター証券のメリット

前受金が不要!

IPOに申し込むときは、大抵の証券会社では「前受金」が必要になります。

前受金とは、例えば、10万のIPOに申し込もうとするなら、事前に10万を入金しておかなければ、IPOに申し込むことはできません。

IPOに当選するしないに関わらず、事前に相応の資金の準備が必要になるということです。

しかし、前受金「不要」な証券会社では、事前の資金が必要ありませんので、10万を入金しなくてもIPOに申し込めると言うことで、手持との資金を効率的に使うことができます。

ネット抽選で100%が平等抽選

多くの証券会社では、ネット配分を「10%」としています。

しかし、ライブスター証券では、ネットで100%を配分し抽選を行いますので、他の証券会社と比べ「公平」だということです。

それは、資金の多い少ないに関係なく、公平に当選のチャンスがあるということです。

【ライブスター証券】株式手数料が2か月間0円【無料】

1人1票の完全平等抽選

多くの証券会社では、特別な顧客、いわゆるお金を多く使ってくれる、もしくは、資金の多い人に、優先的にIPOを配分しています。

しかし、ライブスター証券では、1人1票制となっていますので、資金の多い少ないに関係なく1人1票しか申し込めないということで、公平に当選するチャンスがあります。

それは、資金の少ない投資家がIPOをやるには、最適な証券会社だということです。

とにかく売買手数料が安い!

ライブスター証券は、他の大手といわれる会社より「ネット証券」の特性を生かし、手数料が安くなっています。(業界最安水準)

IPOに当選した場合、取得するための取得費は掛かりませんが、当選したIPOを売るとなると手数料が取られます。そして、大手の場合はその株価にもよりますが、1千円以上の手数料が取られます。

しかし、ライブスター証券の売買手数料は、株価にもよりますが、数十円から数百円と安く設定されていますので、その分、IPOの利益を手数料で取られることがありません。

最後に

ライブスター証券の口座数は、まだまだ少ない状況ですので、当選確率は高いと思います。

そして、今口座を開設しておけば、ライブスター証券が幹事に選ばれたとき、慌てず安心してIPOに申し込めると思います。当然、口座開設は「無料」となっています。

そこで、IPO投資をやられている方、もしくはこれからIPO投資をやろうと思っている方は、事前の口座開設をオススメします!!

【ライブスター証券】株式手数料が2か月間0円【無料】

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク