LINEが上場とのニュースが流れたけど結局上場するの?しないの??

スポンサーリンク

LINEが上場?

昨日(3月31日)、LINEを運営する韓国のネイバーが「東京証券取引所などにLINEに関する上場申請書など一定の書類を提出した」との報道が流れました。

そこで、この報道を受けて今日(4月1日)、新たに下記の記事が流れました。

「2014年に上場申請をして以来、状況に変化はなく、新たな展開がなければ6カ月ごとにコメントを更新するのが会社の方針だと説明した。」

要は、LINEの新規公開の上場取引所は、未だに未定ということです。

そもそもLINEとは?

韓国のIT企業ネイバー株式会社の子会社LINE株式会社から提供されているサービス=LINEです。

そのサービスとは、スマートフォンやフィーチャーフォンなど携帯電話やパソコンに対応したインターネット電話やテキストチャットなどの機能を有するソーシャル・ネットワーキング・サービスのことです。

また、ソーシャル・ネットワーキング・サービスとは、フェイスブックやツイッターなどのインターネット上の交流を通して社会的ネットワークを構築するサービスのことです。

LINEに関しては、1年以上前から上場する上場しないとの報道が、出ては消え出ては消えしています。

それだけ上場されるのが期待されているということになるんだろうけど、これほど上場する上場しないを繰り返している企業も珍しいと思う。

LINEは今年の6月に上場?

今、巷でいわれているのは、今年の6月に上場するとの予想が一般的なのかな?

しかし、今は4月で、6月に上場するならもうすでに上場は決まっていて、上場するとの報道が出てもおかしくないと思ってる。

そこで、上記のLINEが6月に上場するの話しは、自分はないと見ています。

最後に

正直な話しをすると、LINEの上場は期待したいところですが、どうせ吸収金額が莫大になると思うので、仮にLINEに当選してもそれほど利益が取れるとは思えないんだよね。

なら、IPO投資家としては、大きいのを1社上場させるよりも、小粒の吸収金額が小さなIT系企業をどんどん上場させて欲しいと思ってしまう。

それにしても、グローバルウェイ(ジャパンミートは無視?)以降、新規承認が全然出ないですね。寂しいな。

スポンサーリンク