野村証券で貴重なIPOの「繰上当選」画像をどうぞ!

スポンサーリンク

野村の繰上当選画像

上画像は、読者の方に頂いた、野村証券で補欠当選が繰り上がったときの「繰上当選」の貴重な画像です。

しかも、繰り上がるとか確率的に考えにくい、野村主幹事で当選枚数が少ないプラチナチケット(希少株)が、繰り上がったときの貴重な繰上当選の画像です。

そして、どの銘柄なのか、本来はその銘柄名を記載したかったのですが・・・

しかし、その銘柄名を記載してしまうと、その希少性から身元がバレてしまう可能性がありますので、残念ですがこれ以上はお見せすることができません。スイマセン。

繰上当選とか都市伝説でしょ?

私は、補欠当選からの繰上当選は過去に1度もなく、繰上当選なんて確率的に0.001%もない「都市伝説」ぐらいにしか思っていませんでした。

もちろん上記のことは、当選枚数が少ないIPOの話しで、当選枚数の多い大型IPOなどの銘柄は、繰上当選がそこそこあると思いますので別の話しです。

そして、上画像を私くださった方いわく、年に1度あるかないかぐらいで、人気のあるIPOでも繰上当選しているそうです。

それは、私より資金力が格段に多い方ですので、補欠当選も私と比べると格段に多く、その関係から繰上当選もあるのだと思います。

補欠当選は申し込むべき?

上記のような話しを聞いてしまうと、補欠当選でも夢があり、補欠当選からの繰上当選も確率的に0%ではないと思いますので、補欠当選も申し込むべきだと思います。

とはいうものの、補欠当選って本当に繰り上がらないんですよね。

その繰り上がらないソース(根拠)は、10年以上IPOをしている私自身で、繰り返しになりますが、私は過去に1度も繰上当選したことがありません。

そこで、補欠当選に無理に資金を使うぐらいなら、他のIPOに資金を回した方が良いと、私は思っています。

最後に

ただし、資金に余裕がある場合は別で、補欠当選でも少ない当選確率を狙って申し込むべきだと思います。

要は、資金に余裕があるなら補欠当選に申し込む、資金に余裕がないなら補欠当選には申し込まず、他のIPOに資金を回した方が良いということです。

とにかく、補欠当選は基本的に「パス」(不参加)で良いと思いますが、確率的に繰上当選が0%ではないとうことを頭に入れておいた方が良いと思います。

そして、少ない確率の補欠当選からの繰上当選を狙うか狙わないかは、本人次第ということになると思います。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク