仮条件弱気で低位株の国際紙パルプ商事のBBはどうする!?

スポンサーリンク

国際紙パルプ商事のBBについて

明日からBBの申し込みが始まる「国際紙パルプ商事」についてですが・・・

業態については、地味と言っては何ですが「製紙業」で、さらに仮条件は「314~344円」という、株価が安い「低位株」になります。

それを良く言えば、業態は地味ですが大きく崩れることはなく、安定した業態だと言えると思いますし、低位株ですので買いが集まりやすい状況だと思います。

そういった意味では、安定している企業で、短期ではなく長期で投資を考えるなら、アリなのかなと思うのですが・・・

しかし、IPOでそんなことを言っていたらキリがなく、IPO投資については、やはり「短期勝負」で考えたいところだと思います。

仮条件は弱気だった!?

株価は、仮条件上限で決まったとしても「344円」という低位株で、業態的に考えると、初値が大きく跳ねる見込みは薄いと思います。

そして、想定価格「344円」に対して、仮条件は上記にも書きましたが「314~344円」になっていますので・・・

その状況を見ると、私的には「弱気」に見えました。

とういことで、IPOとしては業態的に弱ければ、仮条件も弱いと言う、弱い弱い尽くしの国際紙パルプ商事ですが・・・

低位株ならではのメリット

しかし、IPOでの低位株は、低位株であるがゆえに買われやすいと言うメリットがあり、買われる傾向が強いと言うのがあると思います。

また、東証一部上場となれば、安定感は増すと思いますので、さらに買われる傾向は強くなると思います。

ということで、どちらかと言えば大型IPOで、需要的に不利だとは思いますが、公募割れはないと予想します。

しかし、公募割れがなくても低位株ですので、利幅が薄いのが残念で、運良く当選したとしても、下手をしたら手数料負けする可能性もあると思います。

そこで悩むのが、BBに参加するかどうかですが・・・

BBは一部参加か?全力か?

主幹事のみずほ証券については、当選した場合の予想枚数は「3枚以上」のセット当選になると予想しています。

ですので、みずほ証券のBBにのみ参加して、他の証券会社については、不参加でも良いと思っているところがあります。

というのも、上記の繰り返しになりますが、仮に当選したとしても1枚だと利益は薄く、下手をすると手数料負けもあると思っているからです。

ただし、ラクスルの初値を見ると、相場的に良い方へと傾いていると思いますので、それを加味して全力で参加するのもアリだと思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク