私の今年当選したIPOを見て思うことなど

スポンサーリンク

とにかく酷かった今年のIPO

今年のIPOについては、とにかく「酷かった」その一言しかない。

その酷かったというのは、去年にも増して今年は、当選しなくなったというか当選確率が下がったということです。

そのIPOの当選確率が下がった原因については、単にIPOの人口が増えたというのが原因だと思っています。そして、この傾向は今後も続くと思っています。

ということは、今後も当選確率は下がって行くということになると思っています。

私の今年の当選IPO

・JR九州(+5万)×5口    三菱、岡三、大和、フレンド、いちよし

・LINE(+16万)×2口  三菱、みずほ

・PR TIMES(+7.9万) SBI

・昭栄薬品(+6.5万)     大和

今年の当選結果を見て

JR九州とLINEについては、大型IPOということで、BBに申し込めば誰でも当選は取れたと思います。ということは、まともに当選したのは「PR TIMES」と「昭栄薬品」この2社のみ。

さらに「PR TIMES」については、SBIが主幹事で当選者が続出していましたので、実質的にまともに当選が取れたのは「昭栄薬品」のみということになります。

そして、今年の貴重な当選が、初値上昇があまり期待できなかった「昭栄薬品」だけだったというのは、かなり痛かったことだと思っています。

さらに、他のIPOと比べると、当選する可能性が高かった「ZMP」の上場中止も痛い出来事でした。

最後に

2016年の総IPO数は「83社」でした。

そのうち事前に初値が上がると予想された人気IPOは、概算で3割程度の30社前後でしたので、確率的には1社当選するかどうかということで、私は当選ゼロでしたが、結果的に当選ゼロでも仕方がなかったということになると思います。

ただし、当選ゼロでも仕方がなかったこととはいえ、せめて1社だけでも良かったので、まともに初値が上がる人気IPOの当選が欲しかったというのが本音

ですので、来年はせめて1社だけでもいいので、それなりの初値になるIPOが欲しいと思っています。来年のIPOに期待しています!

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク