IPO初値予想「壽屋」(ことぶきや)良いと思います!

スポンサーリンク

IPO初値予想「壽屋」(ことぶきや)

上場日:2017/9/26

市場:JQS

業種:その他製品

公開株数:690,000

公開価格:2,000円

主幹事:大和証券

事業内容:フィギュア、プラモデル、雑貨などを中心としたホビー関連品の企画、製造、販売など

壽屋の考察①

壽屋の業種については「その他製品」ということで、業種の人気は「弱い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は、多くはなく普通ですので、その点での需要面も普通だと思います。

また、主要大株主には「90日or1.5倍」のロックアップ、VCなしSOありでその枚数は多くありませんでの、その点での需要面は良いと思います。

会社の売上や利益については、近年は横ばいとなっていますので、頭打ち感が見られます。

壽屋の考察②

壽屋の考察としては、IPOでは人気薄業態の商品の製造・販売などとなっていますので、人気としては弱いと思います。

ただし、その商品についてはフィギュアやプラモデルなど、マニア向けとなっていて業態として切り分けができていますので、人気としては普通になると思います。

需要面は、当選枚数は普通で、1.5倍のロックアップがしっかりと掛かっていますので、どちらかといえば良いと思います。

また、近年の売上や利益を見ると伸びがなく頭打ち感がありますので、その点はマイナスになると思います。

全体的には、業態として悪くなく、単独上場で相場の状況も良いですので、初値としてはロックアップが外れる公募価格の「1.5倍以上」になると予想しています。

初値予想

評価:B(6)
初値予想:3,500円前後

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク