英国のEU離脱でコメダのIPO初値はどうなるのか?

スポンサーリンク

英国はEU離脱

6月24日、英国(イギリス)の国民投票で、EU離脱派の勝ちが決定しました。

当初の予想では、6割方が残留派との予想で、エコノミストや評論家と称する人たちのほとんどは「離脱はない」との予想でした。

また、各メディアなどについても、残留派が優勢とのことを事前に伝えていました。

しかし、フタを開けてみるとEU離脱派が勝つ結果となりました。

IPOにも影響する?

当然、この結果を受けてIPOにも少なからず影響はあると思います。さらに、吸収金額の大きいIPOについては、その影響を大きく受ける形になると思います。

ただし、通常の株とIPOとは、同じ株ではあるけれど一線を画していますので、その通常の株といわれるものに比べると影響は少ないと見ています。

そこで、直近で吸収金額の大きいIPOといえば?それは「コメダホールディングス」です。

マイナスが加わった?

そのコメダについては、その吸収金額の大きさなどから、当初から初値が割れる割れないで予想が分かれていて、その初値については、どうなるかわからない状況だったと思います。

しかし、今回の英国のEU離脱を受けて、その初値については、現状ではさらにマイナス面が増したと思います。

ただし、IPOの初値なんて誰にもわからないことで、もしかしたら英国の離脱回避の情報が出てワンチャンあるかもれないと思うこともなきにしもあらず。

また、日経が落ちたことの日経離れによって、その浮いた資金がIPOに流れ込む可能性だってあると思います。

結局、最終的な初値については「神のみぞ知る」ってことなんでしょうね?

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク