IPO新規承認「カチタス」評価は高いみたいだけど!?

スポンサーリンク

IPO新規承認「カチタス」

このほど「カチタス」が、IPOで新規承認されました。

事業内容は「戸建の空き家を中心に買取り、リフォームにより再生して販売する中古住宅再生事業」になっています。

カチタスについては、IPOでは多い「不動産系」になりますので、業種としての人気は「弱含み」になると思います。

カチタスの上場スケジュールなど

主幹事  大和、三菱、みずほ
上場予定 東証一部か二部
想定価格 1,640円
当選枚数 150,979枚
BB期間 11/27~12/1
当選発表 12/4
申込期間 12/5~12/8
上場日  12/12

※ 記載ミス、スケジュール変更など、上記と異なる場合があります。

カチタスの総評①

カチタスの業種については「不動産業」になりますので、業種の人気としては「低い」と思います。

当選枚数(吸収金額)は「150,979枚」と多目になりますので、その点での需要面は良いとはいえないと思います。

また、主要大株主には「180日」のロックアップ、VCありSOありで行使できる株数が多少ありますので、その点での需要面は普通かと思います。

会社の売上や利益についてはバラ付きがありますが、ここ1~2年を見ると業績は右肩上がりになっています。

カチタスの総評②

カチタスの総評としては、業種的に人気が低く、当選枚数(吸収金額)も多いですので、需要面で不安があると思います。

また、主要大株主には、180日のロックアップが掛かっているものの、ほとんどVCが占め、さらに需要面で不安があると思います。

また、公開株は「全部売出し株」になり、上場日や上場日前後は他のIPOが詰まっていますので、上場する日程的にも良いとはいえず不安があると思います。

ただし、直近の業績が良いことや「ニトリ」が筆頭株主になっていますので、安心できる面があると思います。

また、カチタスについては「グローバルオファリング」が行われますので、その辺をどう評価するかも問題になると思います。参考URL:グローバルオファリングとは

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク