LINEの上場が一段落して次の大型IPOはJR九州!?

スポンサーリンク

次に上場する大型IPOは?

今年は、コメダ、LINEと大型IPOの上場が続き、次に上場する大型IPOは「JR九州」といわれています。

そのJR九州の上場予定は、今年の10月とされていますが、つい最近起きた熊本地震の影響で、その時期が少し遅れるとの見解も出ています。

JR九州といえば、JR東日本、JR東海、JR西日本についで、そのJRで4社目の上場となります。

また、JR九州については、コメダやLINE以上に知名度があると思いますので、今年の大型IPOとして期待されていると思います。

JR九州は鉄道事業だけじゃない!

JR九州といえば、JRの名のもとに鉄道事業だけを行っている企業と思いがちですが、鉄道事業以外にもいろいろな事業を行っています。

その事業内容は、例えば、不動産業、介護、保育、農業、発電などの事業も行っています。

URL:JR九州 会社概要

そこで、JR九州は鉄道事業だけでなく、他の事業でも売上が期待できるということです。

過去に上場されたJR株の初値について

社名 公開価格 初値 暴落率
JR東日本 38万 60万 +57.9%
JR西日本 35.7万 36万 +0.8%
JR東海 38万 38.5万 +1.3%

こうして実際の数字を見ると、ここだけの話し、あまり期待できないのかな?

ただし、上記が上場されたのは10年以上前で、今とでは全く状況が違いますので、上場後はさてどうなることか?

最後に

ちなみに、上場することになれば、想定で時価総額は5000億円規模となりますので、LINEの6700億円についで、今年2番目の大型IPOとなります。

また、主幹事については、すでに発表されていて、野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SMBC日興証券の3社の予定です。

JR九州のIPOとしての魅力は、圧倒的な「知名度」と「政府放出株」ということろになると思います。また、上記にも書いたように、鉄道事業以外の不動産などの売上が将来的に見込めるという点だと思います。

その政府放出株で思い出すのが「日本郵政」で、日本郵政のときと同じように、JR九州も初値割れなく上がってくれることを期待しています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク