JR九州(九州旅客鉄道)が初値割れする可能性は?初値予想など

スポンサーリンク

JR九州が初値割れする可能性

IPOというか、物事に絶対はありませんので、JR九州(九州旅客鉄道)だでも、プラチナチケットのIPOだろうと、業種がIPOでは人気のITだろうとAIだろうと・・・

どんなIPOも初値割れする可能性はあり、絶対に初値割れはないとはいい切れないと思います。まあ、当然ですね。

そこで重要なのは、どの程度の割合というか、どの程度の可能性で初値割れするかどうかということだと思います。

そして、JR九州と良く比較されるのが「日本郵政」だと思います。

日本郵政との比較

その日本郵政は、公開価格「1,400円」に対して、初値は「1,631円」(公開価格比+16.5%)の出来でした。

かんぽ、ゆうちょと同日上場だったにも関わらず、公開価格より200円以上の高い初値を付けたのは、上々の出来だったと思います。そして多分ですが、このとき日本郵政をIPOで購入した人も、これほど高値になるとは、多くの人が予想していなかったと思います。

一方、JR九州については、日本郵政が上場されたときの相場の状況などと比べると、IPO的には、今の方が不利な状況にあると思います。

現時点での初値予想

そして、両社の全体の状況を考えると、日本郵政のIPOに分があると思わざるを得ないと思っています。日本郵政の方が、上場するタイミングは良かったということです。

しかし、JR九州については、日本郵政より前評判は良く(私がそう思っているだけ?)、規模(吸収金額)も小さいですので、それを加味すると、日本郵政と同等程度の扱いをしてもいいのかなと思っています。

そこで、現時点でのJR九州の初値予想としては、JR九州は、日本郵政の約2倍の公開価格ですので、200~400円前後の上乗せあっても良いのかなと思っています。

ですので、公開価格が、仮に仮条件上限の「2,600円」になったとすると、その初値としては「2,800円~3,000円前後」なのかなと予想しています。

結局、初値割れする可能性は?

そして、現時点では、初値割れする可能性としては「ほぼない」と、私は予想しています。

また、JR九州は「今年最大のIPO」ですので、注目度が高いという意味ではプラス材料で、そういったことでも現状で、初値割れする可能性は、かなり低いと予想しています。

ただし、仮条件が下限で決まった。相場や為替などの状況が一転した。世界情勢で悪い知らせがあった。日本が天災などで大打撃を受けた。など、何かしら大きな展開があれば、初値割れも大いにあり得ると思っています。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク