今回の郵政の件での反省や言い訳など

スポンサーリンク

今回の郵政の件での反省や言い訳など

355df064534596f189ac2474386992f9_s

今回の郵政3社の初値結果

日本郵政    公開価格1,400円 初値1,631円
かんぽ生命保険 公開価格2,200円 初値2,929円
ゆうちょ銀行  公開価格1,450円 初値1,680円

全て公開価格以上の初値で、予想サイトが公表した初値以上の初値で、実際につけた初値としては上々の出来だったのではないでしょうか?

今回のIPOはとても勉強になりました。今後のIPOの参考にできればと思っています。

初値売りされた方、おめでとうございました!

とにかく反省

郵政3社のIPOに関しては、何の知識も入れていない初期の段階では「こんなに吸収金額が多いIPOとか無理やろ?」と思っていました。

しかし、後から郵政関連のブログやサイトなど、いろいろな情報を調べるうちにもしかしたらというか、ほぼ初値割れはないだろうな?と思うようになっていました。

しかし、初めに「郵政関連のIPOは、俺は買わない!参加しない!」と断言した手前、俺は間違ってないと意固地になってしまい、周りの意見というか記事や書き込みなどを全く聞き入れないようにしていました。

今回は、とにかく意固地になり過ぎていました。なんでもっと柔軟に対応ができなかったのか?と今更ながら反省しています。

言い訳がましい言い訳

今回の郵政関連のIPOに関しては、日経の状況も良し、為替の状況も良し、先に上場したIPOの状況も良しで、とにかく良いこと尽くめが重なったからで、これが逆の状況だったらどうなっていたのか?

結局、今回はタイミング的な問題だけだった?たまたまの産物?そう考えると少しは気が楽になるかな?

まあ、何を言っても言い訳でしかないんですけどね。

最後に

とにかく、終わったことは忘れて、次のIPOに向けいろいろと対策をしていきたいと思っています。

今月11月の上場で、特に注目のIPOは「ネオジャパン」だと思うので、そこにSBIポイント(100P以上)を全力で行きたいと思っています。

郵政で取れなかった分を巻き返すためにも当選することを願っています。

スポンサーリンク