郵政関連のIPOが初値割れしそうになったら?

スポンサーリンク

郵政関連のIPOが初値割れしそうになったら?

「郵政関連のIPOが、仮に初値割れしそうになったらどうなるのか?」と考えてみた。

これが「小型案件」なら証券会社などの方でいかようにもできると思うんだけど、今回は膨大な株数がある超大型案件になるので、証券会社が束(たば)になって掛かってもそれをすることはできないかな?

と言うことで、今回は、証券会社やその関連からの操作はなく「ノータッチ」になるんではないでしょうか?

国は関与するのか?

となると、国が関与するかどうかなんだろうけど・・・

仮に、国が関与してそれがバレたときは「大ひんしゅく」を買うことになる。それはそうだよ。当然の話し。

だって、過去のIPOで初値割れした銘柄なんてゴマンとあるのに、国が郵政だけを助けるのもおかしな話しだし、自分のように郵政関連のIPOは「割れる」もしくは「手数料負けする」と踏んで、みずから進んで買わなかった人もいると思うので、そんな人からしたら国が助けるとか「フザケンナ!」って話し。

仮に郵政関連のIPOが初値割れしたら?

今回初めてIPOに参加する人もかなりいるだろうから、そんなIPO未経験者の知識のない人からは凄いクレームが来るんだろうな?

IPOを知らない人からすると、今回の郵政関連のIPOは「NTT株の再来」とか、つい最近トヨタが発行した「元本保証」の「新型株」のように思ってるんじゃないかな?だから初値割れするなんてみじんも思ってない?

それとも、郵政関連のIPOは、割れたら割れたで諦めて、配当などが期待できるから「塩漬け」にして持ち続けるのかな?わからないけど・・・

最後に

と言うことで・・・

自分は、今回の郵政関連のIPOについては初値割れしようがしまいが証券会社も国も関与しないと踏んでいます。とにかく、郵政関連のIPOに参加していない自分は状況を見守るしかないかな?

今回は、自分は参加していないけど、IPOを普段から眺めている身としては「初値がどうなるか?」今からワクワクしています。

スポンサーリンク