郵政関連のIPOについて勝手な持論

スポンサーリンク

郵政関連のIPOについて勝手な持論

dea2e53beffb3a56e6d0f2aa6ad043a7_s

郵政関連のIPOは不参加

私は郵政関連のIPOは、始めから「不参加」を表明しています。

その理由としては、公募される株数が膨大で、その株数以上の買いは集まらないと考えているからです。

不参加は考え直した方が良い?

しかし、最近のIPO関連のサイトやブログを読ませて頂くと、BB(ブックビルディング)にそこそこの申し込みが集まっている模様で、当選倍率は当初の予想より高くなっているとのことです。

それは、テレビやネットで異例の宣伝をしまくっているからでしょうか?それとも各証券会社で必死に顧客に購入を勧めているからでしょうか?理由はさだかではありませんが・・・

そこで、私もBBに参加した方が良いのか?と迷ったりもしたのですが、ここで自分の信念を曲げてしまっては元も子もないと思い、やはり「不参加」の意志は曲げないことにしました。

これが吉と出るか?凶と出るか?未来のことなのでどうなるかわかりませんが・・・

郵政関連を通常のIPOと比べると?

確かに郵政関連の株を欲しいと言う人が、当初よりも集まっているのかもしれません。しかし、通常のIPOで人気のあるは銘柄は、当選が普通に数百分の1?数千分の1?の倍率になります。

それが郵政関連のIPOで人気のあると言われている「かんぽ」でも、本当か嘘かわかりませんが、当選倍率は、たかが「30倍」程度です。それも複数の証券会社にBBすればその倍率も下がるでしょう?

それを加味すると「3社同時上場」で、膨大な数の株が上場される現状で、公募した株数以上の買いが集まるか正直かなり疑問です。言葉悪いですが、ネットやマスコミに踊らされてるだけのような気もしますが・・・

最後に

また、身近な人で株をやっている人の中でも郵政関連のIPOについては、あまり話題に上がっておらず、私が話しても「もそうなの?」ぐらいの感じで、特に気にしている様子もないです。これは私の身近の話しだけなのかもしれませんが・・・

ということで、私は郵政関連のIPOについては参加せずで、そっと草葉の陰から見守る予定となっています。

上記は、あくまでも私の勝手な持論ですので悪しからずです。

スポンサーリンク