博多ラーメン「一風堂」東証マザーズ上場へ

スポンサーリンク

一風堂が上場へ

博多ラーメン「一風堂」を運営する力の源ホールディングス(福岡市)が、東京証券取引所へ株式を上場する見通しとなった。昨年12月に上場を申請しており、順調に進めば3月にもマザーズに上場する。

同社は1985年に福岡市でラーメン店を開業。「白丸元味」「赤丸新味」などのとんこつラーメンが人気で、国内外で計171店(16年3月末)を展開している。16年3月期の売上高は208億円で、前年より約17%増えた。

とんこつラーメンが人気

一風堂」(博多一風堂)といえば、博多ラーメン(とんこつラーメン)で有名な店で、全国展開しているラーメン店となります。ラーメンに少し詳しい人なら、誰もが知っているラーメン店になると思います。

その一風堂の店舗数としては、国内外では、現在「171店」(2016年3月現在)となっており、ラーメン店としては、大手になると思います。

また、最近では、海外展開も積極的に行っており、アメリカ、フランス、中国など、さらに今春には、ミャンマーにも出店予定だそうです。

最後に

ラーメン店の上場といえば、私は、2006年に上場した「丸千代山岡家」を思い出します。

ちなみに、そのときの主幹事は、今は無き「新光証券」で、BBに参加しましたが落選してしまいました。そして、その時の公開価格は「32万」で、初値は「37.2万」(+116.25%)となりました。

一風堂については、私自身は、数年前に2度ほど実際に食べたことがありますが、細麺のとんこつ味で、おいしく食べた記憶があります。久しぶりに、また食べに行きたいな。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク