IPO(新規公開株)とは?

スポンサーリンク

IPO(新規公開株)とは①

IPO(新規公開株)とは「Initial Public Offering」の頭文字の略で、日本語では「新規公開株」「新規上場株式」「株式公開」「未上場株式」などと訳されます。

また、IPOとは、未上場企業が新規に株式を証券取引所に上場し、投資家に株式を取得させることをいいます。

そして、株式上場に際し、通常は新たに株式が公募されたり、上場前に株主が保有している株式が売り出されたりします。

これらの株式を証券会社を通じて投資家へ配分することをIPO(新規公開株)といいます。

IPO(新規公開株)とは②

IPOとは、これまで特定の個人や法人にしか株式を保有していなかった企業が、不特定多数の投資家から資金の調達を行うにあたり、一般投資家に株式を取得させることを目的としたものです。

それは、企業にとって上場(IPO)することで、直接金融市場から広く資金調達することが可能となり、また上場することで知名度が上がったり、社会的な信用を高めることができるメリットがあります。

また、投資家にとってもメリットがあり、IPOを取得することで、株価上昇や配当などで利益を受ることができる機会を得るものです。

IPO(新規公開株)とは③

ただし、そのIPOですが、取得すれば簡単に利益が出るとか簡単に儲けられると勘違いされがちですが、必ず利益が出ると保障されているものではありません。

それは、現実の世界でも投資の世界でも「絶対」は、存在しないということです。

また、今この株を買っておけば後々上場され儲かるなど、IPOに絡んだ詐欺事件も頻繁に起きていますので、そのような甘い言葉には注意が必要です。

それは、簡単に儲かる、元本保証、上場確実な株がある、必ず儲かるみたいな、ふっと湧て出たような話しには、裏があって騙しの決まり文句だということです。

最後に

IPOは、当選することも難しいなら当選して購入したからといって、必ず利益が出るものではありませんので注意が必要です。

中には、当選して購入したとしても、上場後に「公募割れ」といわれる、買値(公募価格)よりも下がってしまう公募以下の株価になるIPOも多くあります。

ですので、簡単に利益が出るいわれるIPOでも、事前の調査や分析などが相応に必要で、IPOも一般の株式投資と同じで、簡単に利益が出るものではないということです。

IPO・新規公開株ランキング ⇦ クリックして頂けると更新の励みになります!

スポンサーリンク